Categoryいろいろ 1/4

ジェルボールで植物を育てるメリット・デメリット

昨年11月に実生の松をジェルボールに植えたのですが、現在の様子がこれ。実は4か月経ってもまったく変化がない。まぁこの時期ですから、そんなものかもしれませんが、これでいいのかは分かっていません。春の成長に期待します。一方、もみじ葉のゼラニウムは順調。大きな葉を切ると小さな葉が吹いて来ますから、こちらはジェルボールの環境も問題ないのでしょう。で、私が感じるジェルボールのメリット・デメリットをまとめてみま...

  •  -
  •  -

土の代用としてハイドロボールで植物を育てる実験

室内で植物を育てる手立てとしてハイドロカルチャーはやっているが、上手く育たない植物もある。そこで、単純に土の代用としてハイドロボールを使って育つか実験することにした。実験用に園芸店で購入したのは3つ。まず、薔薇。まったく同じ薔薇をハイドロカルチャーにもしているが、葉が枯れ始めて来たので、それとの比較ができると考えて選んだ。新しい葉も出ているので、変化が分かりやすいと思う。2つ目は魚柳梅 (ギョリュウ...

  •  -
  •  -

きれいに紅葉させるにはどうしたらいいんだろう

ツイッターではドウダンツツジが鮮やかに紅葉している写真が載っていて、その美しさに癒されているこの頃。我が家にはドウダンツツジが庭植えも鉢植えもあるが、(あんなにきれいに) 紅葉しているのを見たことがない。庭植えでこんな感じ。鉢植えだと、これ。私のところは雨が多く、日照は少ない。日照が少ないと言うことは、朝夜の寒暖差も小さい。おそらくこの辺りが影響しているのかなぁ、と思っている。ちなみに、庭木の南天...

  •  -
  •  -

鉢の大きさと剪定で成長は変わる

これは元々同じ鉢に寄せ植えだったハゼノキ。つまり、もとはほぼ同じ大きさだったもの。大きい方は寄せ植えをバラした時に一本だけ大きな鉢に植え、その後は葉を整理する程度の剪定しかせずに育てたもの。小さい方は、強い剪定で高さを制限し、さらに小さなポットで育てたもの。2ヶ月ほどでこの差。逆に言うと盆栽は小さな鉢に入れ剪定することで創っていくと言うのが理解出来る。なるほどねー。...

  •  -
  •  -

水分計 sustee を使ってみる-追記2

どうしても水をやり過ぎてしまうので、水分計 sustee を使ってみることにした。経験がないんだから、感覚に頼ってもアテにならないと自覚し、客観的に確認する方法をやってみる。 sustee をはじめメーター式の水分計も含めてレビューをいろいろ見たが、使えないという意見も多かった。でもまぁ、自分で確認します。外観はこんな感じ。で、水をやった土に挿してしばらくすると、下の方から青くなってくる。水がたっぷりなら、ほとん...

  •  -
  •  -